高血圧モニターに参加して高血圧の最新治療を受けよう

高血圧のモニター制度に注目してみました

高血圧にもモニター制度があります。
世間では「治験」といいますがこの治験アルバイトが人気を集めています。

 

高血圧治験に参加するとなると、まだ使われていない新薬での副作用などが心配となりますが、メリットもあります。

  • 高血圧の最新医療を受けられる
  • 高血圧の専門医の診断を受けられる
  • 治療費が無料で謝礼ももらえる

 

ただ、治験に参加する条件として2週間に1度は、病院に通うことが義務付けられますので通院できる方となります。高血圧の治験は大阪と関東となります。

 

高血圧の臨床試験にご協力ください。1通院1万円

 

参加したい気持ちはあっても不安があるのも事実です。
ただ、欧米と比較すると臨床実験に関して間違った思いが強いといいます。その結果、「臨床試験が進まない=開発費が多くかかる」という事態になっています。

 

臨床実験は、研究開発した新薬をマウスなどの動物実験で、効果や安全を確認していきます。その後、健康な人から順に臨床実験を行います。

 

 

もし万が一副作用などが行った場合は製薬会社が補償をするように法律で決められています。

 

 

実際に今、高血圧の治療を行っている方、考えてみて下さい。
高血圧の降圧剤が体に合わず、何度も薬を変えた経験はありませんか?
それと同じように考えてみたらいいのかもしれませんね。