妊娠中の高血圧の危険性

妊娠中の高血圧の危険性

妊娠中の高血圧の危険性はそれが妊娠中毒症の危険性も含んでいるということです。妊娠中にあまりにも血圧が高い場合は入院が必要となり、安静を保つことが必要となります。また、万が一妊娠中毒症になってしまいましたら、胎児への影響が心配されるので、帝王切開で胎児を取り出し、生命の危機から胎児救うことも必要な場合があります。従いまして、妊娠中に高血圧を避けることで、母体や胎児を危険な状態から避け、安産の道へと近づくわけです。ですので妊婦さんの高血圧というのは避けなければならないのです。

 

具体的には塩分のとりすぎには十分気を配ることを含めたバランスの良い食生活が必要でしょう。たかが高血圧と甘く見ることは出来ません。妊婦でなければ高血圧は自分だけのことですので、自分自身の問題なのですが、妊娠中は当然、新しい命が宿っているわけです。そういう意味でも妊婦さんは高血圧を避けなければなりません。これまでに述べたように高血圧は誰にとっても良いことではありませんし、行基の原因でもあるのですが、特に妊婦さんは要注意です。妊娠中の高血圧は非常に危険なのです。