二次性高血圧とは?

二次性高血圧とは?

二次性高血圧とは2種類ある高血圧の一つであり、高血圧症全体の10%未満の症状です。二次性高血圧は何らかの特定される原因があって高血圧を示す状態のことです。言い方を変えますと、原因にもよりますが原因がはっきりしている為、治せる高血圧ということもできます。

 

症状は無症状のものから、その原因に起因した特徴的なものまでさまざまです。二次性高血圧の原因として一番多いのが腎臓病です。腎臓はナトリウムの排出という重要な役割を担っておりますが、腎臓の機能低下は血圧を上げる原因となっています。他にもホルモン分泌異常た血管の異常からくる高血圧もありますし、妊娠中毒症などが関係していることもあります。さらに他の病気を治す為に服用していたお薬や、サプリメントが血圧を上げている原因になっている場合もあります。
ですので二次性高血圧と診断された場合、利用中のお薬やサプリメントなどの情報はお医者様に教えてあげてください。先ほども申し上げましたとおり。二次性高血圧は原因がある程度わかるということですから、完治も可能です。是非お医者さんにご相談ください。

 

 

本能性高血圧とは?
若年性高血圧とは?