正常血圧とは?

正常血圧とは? 

正常血圧とはなんでしょうか?文字通り正常な血圧の状態であり、健康な状態のことなのですが、血圧の基準として広く採用されているのが、WHO(世界保健機関)/ISH(国際高血圧学会)、米国高血圧合同委員会による分類です。日本では、日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン」が2009年1月に改訂されました。これらによると、正常血圧は収縮期血圧が130mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg未満となっています。また、高血圧についても基準値が儲けられており、高血圧とは、血圧が 140/90mmHg以上とのことです。血圧が正常値であることが健康であり、高血圧は病気の原因になりうることは広く知られておりますので高血圧名状態を避け、正常血圧ですごしたいものです。正常血圧を保つ為にも、適度な運動は欠かせませんし、肥満を解消し、減量しなければならないでしょう。バランスのよく食生活も欠かすことは出来ません。特に塩分は気にしてください。一日最大6gまでの塩分摂取を心がけましょう。現在喫中の方は、タバコをやめるのも高血圧会費につながるでしょうし、お酒も程々にしたほうがよいでしょう。