若年性高血圧とは?

若年性高血圧とは?

若年性高血圧とは文字通り若年層10代から20代にかけての若い人たちの高血圧症なのですが、昔と比べて食生活の変化や運動不足、そしてストレスを多くかかえてしまうことが原因で若年性高血圧症の患者は増えているのです。思春期から25歳くらいの青年期にかけては心臓の機能が高まることやホルモンバランスの乱れなどによって血圧が高くなることがあるのが一般的で、成長過程における若年性高血圧症はほとんどの場合正常範囲内の血圧が落ち着いてくるので、あまり心配はないようです。
ただ、早くから高血圧の状態が続くと、それだけ動脈硬化も早く起こってしまう原因にもなり、脳卒中や心臓病などの合併症につながるリスクが高くなってしまいます。
また若年性高血圧の中には、症状が急速に進行してしまい、生命にかかわるほど悪化してしまうというケースも0ではありません。自覚症状のない高血圧を早期に見つけるためにも定期健康診断を必ず受けるようにしましょう。特に若いけど肥満であったり運動不足の人、お酒を飲む人、強いストレスを受けている人、喫煙習慣をお持ちの人は特に提起的に血圧チェックを行うべきでしょう。

 

二次性高血圧とは?
本能性高血圧とは?