血圧を下げる薬の効果と副作用

血圧を下げる薬の効果と副作用

血圧を下げる薬の効果と副作用について調べてみました。血圧を下げる薬、いわゆる降圧剤ですが、一時的に血圧を下げる効果はありますが、高血圧そのものを治療する薬ではないのです。従いまして薬だけで血圧を下げていると、薬を止めればすぐに血圧は元通りになってしまいますので飲み続けなければならなくなってしまい、そのこと自信が副作用となる場合があります(中毒症状のようなもの)。降圧剤の使用は時として血圧を下げすぎてしまう危険性もはらんでいます。また、一例として申し上げると降圧剤の一種として、ハイトラシンというものがありますが、その副作用は脳梗塞、貧血、低血圧、不眠、心房細動、悪心、食欲不振、嘔吐、肩こり、めまい、立ちくらみ、倦怠感、頻尿などがあり、血圧が下がったのに、別の症状に悩まされる可能性がるのです。この陽に降圧剤には副作用が多く、高血圧の根本治療とならないため、病院でもあまり処方されません。従いまして出来るだけ降圧剤は使わないことが良いということです。降圧剤のお世話にならない生活を送ることが大事なのです。