本能性高血圧

本能性高血圧

高血圧の中に本能性高血圧という種類の高血圧があります。
本能性高血圧は字を見てわかるように高血圧の原因を特定できない高血圧のことをいいます。原因をつきとめることができないので根本的な治療は困難になります。降下剤などでは血圧をコントロールすることは可能になります。
ほとんどの高血圧はこの本能性高血圧だといわれており高血圧の約9割を占めるといわれています。本能性高血圧と対峙する用語が二次性高血圧です。二次性高血圧は本能性血圧と真逆でこれは全体の約1割の方が二次性高血圧といわれています。

 

単に高血圧という場合は本能性高血圧という診断になります。本能性高血圧は環境要因が最もな原因だといわれています。例えば食塩の過剰摂取や肥満、運動不足などストレスも原因の一つになります。驚きなことに男女の性別や年齢なども高血圧に影響を与えます。一般的に血圧は歳をとるとともに高くなり、女性よりも男性の方が高血圧になりやすいとも言われています。ただし、女性であっても閉径を迎えると高血圧は高くなる傾向にあります。そういったものを防ぐ為に規則正しい生活、ストレスを上手に発散したりと心がけましょう。

 

二次性高血圧とは?
若年性高血圧とは?