拡張期血圧と収縮期血圧

拡張期血圧と収縮期血圧

拡張期血圧と収縮期血圧がいわゆる『上が○○』『下が○○』のことなのですが、拡張期血圧とは、心臓が大動脈弁を閉じて拡張したとき、心臓から送り出された血液の一部が大動脈に蓄えられ、その蓄えられた血液が壁の張力の反動で抹消側へ押し出されるときの血管にかかる圧力のことです。これは抹消血管の抵抗の高さを反映しております。通常、50〜60歳をピークに徐々に低下していきます。一方収縮期血圧とは、心臓が収縮して大動脈および全身の動脈に血液を送り出しているときの、血管にかかる圧力のことで、これは太い血管の硬さを反映しております。通常、年齢とともに上昇していきます。高齢により動脈硬化が進むにつれて収縮期血圧が上昇します。また、動脈硬化が進むと、心臓に連なる大動脈は弾力性が乏しくなるために膨らまず、抹消血管への血流量は少なくなるため、拡張期血圧は低くなります。心筋は拡張期の血流で灌流されているため、拡張期血圧の低下は心筋に不利になります。 このように、近位の動脈硬化が進行すると収縮期血圧は上がり、拡張期血圧は下がることになります。

 

【最新高血圧治療】レニメック服用中の方

 

【最新高血圧治療】ファルプリル服用中の方