脳梗塞と高血圧の関係

脳梗塞と高血圧の関係

脳梗塞は脳の血管に発生する「動脈硬化」により血管が詰まってしまう場合と、心臓病により心臓で血栓(血の固まり)ができてそれが血流にのって脳の血管につまるといった原因でおこる病気のことです。その中で動脈硬化は脳梗塞の原因のほとんどになります。動脈硬化は動脈の血管が厚く硬く、もろくなり血管の内側の壁にコレステロールや脂質や細胞などがくっつき血管の流れる空間が狭くなる症状のことをいいます。
その動脈硬化がさらに悪化すると血液の流れる空間がふさがってしまい血流が止まるといった恐ろしい状態をひきおこします。脳梗塞の原因である動脈硬化をおこす原因として高血圧が出てきます。その他にも高脂血症や糖尿病、肥満などの病気があります。これらは生活習慣病ともよばれ別名「死の四重奏」と呼ばれています。とても名前を聞くだけでもぞっとします。脳梗塞と高血圧は深く関わりがあるのです。脳梗塞にならない為には高血圧にならないことが大切です。
高血圧は名前の通り生活習慣病と呼ばれる病気ですから生活リズムを正しく特に食事を気をつけることが大切です。