二次性高血圧と病気の関係

二次性高血圧と病気の関係

二次性高血圧は本能性高血圧とは真逆なもので高血圧の原因が特定できるタイプの高血圧です。二次性高血圧の原因として全体の病気の中で一番を占めているのが腎臓の病気です。腎臓にはナトリウムの排出といった役割があります。腎臓の機能が下がるとナトリウムが排除できませんそのかわり血圧を上げナトリウムを排出しようとするのでその分血圧は大幅あがります。そういった原因で高血圧になってしまうのです。

 

二次性高血圧は原因がわかっているのでその原因の病気を治すことで8割の人が高血圧を克服できるといった報告もあります。腎臓が原因で高血圧になる以外にも他の病気を治療するための薬が原因で高血圧になる人もいます。そういう可能性がある方なにを服用しているかなどしっかり医師に伝えましょう。
塩分の摂りすぎも代表的な高血圧の原因です。世界の32カ国での塩分摂取量と高血圧について調べた研究結果で塩分を多くとっている国の人ほど高血圧になりやすいといった報告がります。高血圧を治す、またはならないためには規則正しい食生活が重要です。

 

二次性高血圧とは?
本能性高血圧とは?