糖尿病と高血圧の関係

糖尿病と高血圧の関係

糖尿病と高血圧の関係ですがその前に糖尿病とはなんでしょうか。みなさんも良く耳にする病名ではあると思いますが、糖尿病は一言でいうと、血液の中に含まれる糖の濃度が高い状態が続く病気のことです。私達が毎日食事で接種する糖質の過剰摂取によって血液中に糖がどんどん入り混んでいきます。糖尿病にはいろいろな種類の病名があります。

 

その糖尿病と血圧はどのような関係にあるのでしょうか。高血圧と糖尿病はいずれも動脈硬化の進行を早め、脳卒中や狭心症、心筋梗塞を引き起こす病気です。それだけではなくこの二つの病気の成り立ちには実は密接な関係があることがある研究で近年わかってきています。
糖尿病はインシュリンの働きを利用する細胞が十分にインシュリンに反応しないために体は膵臓からインシュリンがたくさん出しています。すると腎臓では必要以上のナトリウムを体内に引きとめようとします。そこで体は高い血圧をかけてナトリウムを腎臓から対外に押し出そうとする働きがでますその為糖尿病患者には高血圧もなっている患者が多いのです。みなさんも高血圧とわかれば糖尿病検査も受け、高血圧とわかれば糖尿病の検査をうけることをおすすめいたします。