高血圧症だとアルコールは飲めないの?

高血圧症だとアルコールは飲めないの?

高血圧の人は全くお酒を飲んではいけなということはありません。
しかしアルコールは毎日のように飲酒する人は全く飲まない
人よりも10歳年上に相当する血圧値だったことが最近報告
だれています。アルコールは血圧を一時的に下げることもあり
ますが、習慣的な飲酒は血圧を上昇させ、高血圧症の原因に
なると考えられています。大量飲酒者の急激な節酒は、一時的に
血圧を上昇させますが、節酒を継続することで数日で血圧
は低下するということが確認されています。
アルコールをのむとなぜ血圧が上がるのか、理由として血管の
収縮反応が高まる他に、心臓の心拍を早める交換神経の活動、
肝臓からマグネシウムやカルシウムが失われるためなどいろいろ
なことが考えられます。またアルコールに含まれるカロリー
によって体重が増える=肥満、酒の中には塩分の多いものを摂る
といいたことも関係してきます。
目安として高血圧の人が1日に飲んでもいいアルコール量は
ビールなら大瓶1本、焼酎ならお湯割り1杯となっています。

自分にあったお酒の飲み方をよく考えましょう。