高血圧と頭痛の関係

血圧と頭痛の関係

血圧と頭痛は関連性があるように思われていますが、頭痛と高血圧の関係は全くありません。世間では頭痛、ほてり感、めまいといった症状は高血圧症状によるものだと認識をもっている方がいますがこれは間違いでこれらの症状は高血圧でもない正常血圧の方でも起こります。
頭痛は良く聞く範囲では片頭痛、緊張性頭痛、などがありますがこれらは脳血管の過拡張が原因や眼肩などの緊張からくる血行不良に伴う老廃物の蓄積などといった原因です。ですから血圧と頭痛は関係が全くないといってもいいほどなのです。

 

ですが血圧が急激に300近く上昇すると頭痛が起こるケースもあります、ですがそのくらい血圧が上昇するといった症状が起きている人はよほどな悪性の高血圧ということになります。頭痛が起きて気になる方は現代ではあたりまえになりつつある家庭でもはかれる血圧を測る機械を購入し定期的に血圧を測りることをオススメします。
血圧を下げる努力も共に行えば健康回復も楽しく行えるはずです。

医師の指導の下、高血圧を改善しませんか?